Dietary Guidelines, Japanese Translation

栄養指針\食生活の指針

Japanese translation by Katsumi Yamada

Original English Version

  1. 全体食品や自然食品を食べる。
  2. 腐る食べ物のみを、新鮮なうちに食べる。
  3. 自然飼育された肉を食べる。魚介類、鶏肉、牛肉、ラム肉、狩猟肉、贓物、卵を含む。
  4. 牧草を食べて育った牛から、自然な状態で生産された全乳製品を食べる。全乳ヨーグルト、発酵バター、全乳製チーズ、さらに、生クリームやサワークリームのように、生や発酵されたものが望ましい。
  5. バターやその他の動物性脂肪、エクストラバージン・オリーブオイル、圧搾絞りのごま油と亜麻油、さらにココナッツ油、やし油などのトロピカル・オイルを含む伝統的な油脂のみを用いる。
  6. 新鮮な果物と野菜を食べる。有機のものをサラダやスープにしたり、軽く蒸して食べるのが望ましい。
  7. 全粒穀物とナッツは、フィチン酸や抗栄養素を中和するため、浸け置きし、発芽させ、あるいはサワー発酵させてから使用する。
  8. 酵素を多く含む乳酸発酵野菜や果物、飲料、香辛料をいつも食事に取り入れる。
  9. 鶏ガラ、牛骨、ラムの骨、あるいは魚の骨で自家製だしを取り、スープやソースにしてたくさん摂る。
  10. ハーブティーやコーヒーは控えめに摂る。
  11. 料理や飲用には浄化した水を使用する。
  12. 味付けや食欲促進には、未精製のケルト産の海塩と各種ハーブやスパイスを用いる。
  13. 生の酢やエクストラバージン・オリーブオイル、圧搾絞りの亜麻油を使って自家製サラダ・ドレッシングを作る。
  14. 生の蜂蜜、メープルシロップ、乾燥サトウキビの絞り汁、ステビアパウダーなどの天然甘味料は控えめに摂る。
  15. ワインやビールは未殺菌のものだけを、徹底して控えめに食事と摂る。
  16. ステンレス製、鉄製、ガラス製、あるいは高品質のホウロウ製の鍋で調理する。
  17. サプリメントは天然のものだけを摂る。
  18. 睡眠を十分に取り、運動をし、自然光を十分に浴びる。
  19. 前向きに考え、ストレスを最小限に留める。
  20. 寛容さを持つ。

Leave a reply

© 2015 The Weston A. Price Foundation for Wise Traditions in Food, Farming, and the Healing Arts.